実は記憶に残っていない

花びら占いをする人

人は毎日のように夢を見ているのですが、実はほとんど記憶に残っていないのです。
眠りにおちてから一定のタイミングで、浅い眠りのレム睡眠と呼ばれるものがあり、その時に夢を見やすいとされています。
眠りが浅い時は、外的な音や光などに敏感になっており、その要素が夢に反映されやすいともいわれています。
例えば、眠っている傍で誰かが会話している内容が自然に夢の中にも盛り込まれ、電気をつけると夢の中で朝日や夕日を見るなどです。
夢診断とは、夢で見た内容について心理学的な知識をもって解釈するとされていますが、実際はこのような外的要素が影響していることが多いのです。
つまり、寝ている時の周りの環境によって内容が異なり、一定の基準で心理分析をするのは難しいといわれています。
イヤな夢を見た翌朝は気分が優れないため、夢診断でこれから不吉なことが起きないかどうか確かめる人も多いでしょう。
ですが、夢診断は行動や人物など、メインとなるキーワードに伴い今の心境を指し示すキッカケにはなりますが、必ずしもその通りであるとは限りません。
夢は深層心理を表すものとして、古くは心理学者のフロイトやユングが定説を述べてきました。
フロイトは夢の内容から悩みの原因を、ユングは希望や目的を示していると発表してどちらが正しいのかは現在もハッキリとは解明されていません。
研究を重ねた心理学者でも証明できなかったことを、現代の夢診断で明確に答えがでるはずはないのです。
それでも夢と深層心理の繋がりを信じて疑わない人も多いですから、永遠のテーマになるといえるでしょう。

似ているようで実は違う

数多くのサイコロを使った占い

夢占いと夢診断。どちらも同じような意味合いで考える人もいますが、その意味は厳密には違っているのです。そのため、それぞれについて適切に把握することで、どちらを利用すればいいのかを把握することもできます。

スピリチュアルな世界

姓名判断のイメージ

占いを利用することによって自分に自信を持ちたいと考えるというような人に利用されることが多いようです。自信を持つことによってさまざまなことが前向きになるため今では多くの人に利用されています。

私の実体験では

手相と12星座占いの組み合わせ

私自身も占いをよく利用しています。普段は自信がないというようなことはありませんが、大きな問題などの決断に迫られたときはどうしても不安になります。そんな時には占いを利用するようにしているんです。

人気のコンテンツ

オリオン座

他に読まれているコンテンツはこちら